美容外科に勤務する看護師について

看護師が美容外科で働くメリットとは?

美容外科に勤務する看護師について

最近は女性の美意識も変化してきており美容整形に対して、こだわりがなくなってきています。 美容整形のニーズが高くなってきているのです。 そのニーズに応えるために美容クリニックの件数や規模はどんどんと増え続けています。 そこで勤務する医療行為ができる看護師の確保が死活問題になってきているわけです。

保育園看護師や美容看護師はとてもニーズが高い職種になっているのです。 美容クリニックは2種類に区分されて(1)美容外科と(2)美容皮膚科があります。 それぞれの診療科目によって施術方法が異なりますので業務も違いがあるので説明いたします。

1番目の美容外科は美しい外見になりたいという観点からのアプローチでルックスや身体への施術をします。具体的には豊胸・顔のパーツを形成・脂肪吸引などが有名な手術です。 手術介助やクリニック全体の受付業務が看護師の担当部分になります。

具体的には採血・医療器具の洗浄や滅菌・お客様のとのカウンセリング業務・受付業務……です。 来院された患者様がどういった悩みを聞き出すのが美容クリニックにおけるカウンセリング業務です。

その情報を元から、どういった施術をするのが最適なのかを提案し選択肢を提示します。 患者様と施術者の信頼関係は、美の追求をする美容外科手術には避けては通れない道です。

2番目の美容皮膚科は美容を狙いとしたお肌の治療や施術をする診療科目です。 火傷によってできてしまったお肌の損傷を治癒する治療も美容皮膚科の担当領域です。 メインの施術は、ケミカルピーリング・アンチエイジング・レーザー脱毛でよく耳にします。

看護師が担当するのは施術介助・受付業務ですが、簡単な施術をすることもあります。 具体的には注射・点滴・タトゥー除去施術・レーザー脱毛施術・器械のセッティング・カウンセリング・受付業務……などです。

スキンケアをセールスポイントにしている医療クリニックの場合は看護師がエステティシャンのような業務をするケースもあります。

全般的に看護業務は少ない傾向で急変への対応が少ないのが病院と違うところでしょうか。 レーザー照射や注射など仕事内容もシンプルなものが中心です。 美容皮膚科の特徴としては複数回の通院をされる患者様が多いです。

患者様とのコミュニケーションを密にしながら得られる信頼感がクリニックの信用そのものになります。 コミュニケーションスキルは美容クリニックに勤務する看護師には必須条件です。

企業で働く産業看護師

看護師が働く職場は病院がメインですが、それ以外の職場でも看護師の活躍の場が増えてきています。 そのうちの一つで人気が高い職場が企業で看護師として働く産業看護師という職業です。

企業で働く従業員の方の健康の指導、相談、サポートなどを行う事が仕事内容になります。 近年はストレス社会と呼ばれて久しいですが、企業で働く方が病気にかかってしまったり、精神的なストレスを抱え込み、体調が悪化するという方も増えています。

産業看護師はそういった方のケアをして、気持ち良く仕事ができたり、スムーズに仕事に復帰できるように手助けをしていきます。 企業では定期的に健康診断も行っていますが、準備や運営のフォローなども看護師が行う仕事になります。

産業看護師は最近人気が出てきています。 その理由は仕事の環境。 病院で働く看護師は常に慌ただしい空気と緊張感の中で日々働いています。

夜勤もありますし、休日の呼び出しがあったりと体力が必要なハードな仕事です。 そのため、疲れてしまって看護師自体を辞めてしまうという方もいます。 そういった方が看護師の資格を生かしながら、落ち着いて働ける職場という事で最近は人気が出てきているのです。

産業看護師は企業の一般職と同じ勤務体系になるため、基本的には朝から夕方までが定時となっており、夜勤はなく、残業はある可能性はもちろんありますが、過度になる事は比較的少なくなっています。 また、夜勤手当がない分は収入は少なくなりますが、大手企業での産業看護師の場合、比較的待遇も良いのもポイントです。

産業看護師を企業内に配置する企業は規模の大きな企業が多いため、現状、産業看護師となる事自体、待遇が良くなりやすいです。 まだあまり求人は多くないため、時間をかけて探す必要もあるかもしれませんが、一度検討してみる価値はあると言えます。

転職サイトの非公開求人などで紹介してもらえたりもするため、登録して、アドバイザーの方に相談をしてみるのもお勧めです。

看護師の転職サイトとハローワークの違い

看護師の方に限らず、転職の際によく利用されるサービスは転職サイトとハローワークです。 この二つはどちらも求人を紹介してもらえるという点では同じですが、それぞれに特徴があります。

まずハローワークですが、こちらは公的な施設のため、安心感という面では大きいです。 全て無料でサービスを利用する事ができ、求人の紹介や相談をする事ができます。 デメリットとしては直接行かなくてはならず、込み合っているので少し大変です。

次に転職サイトですが、こちらは民間のサービスのため各社競争しており、サービスの品質は年々高まってきています。 こちらも無料で利用する事ができ、アドバイザーによる求人の紹介とカウンセリング、面接の練習のサポートや非公開求人という一般には公開されていない限定性の高い求人の紹介などもあります。

カウンセリングなどは面談という形で行いますが、担当のアドバイザーが付くため、メールや電話でのやり取りというのも良くあります。 このように見ると転職サイトの方がサービスが良いと感じるかもしれません。

しかし、紹介してもらえる求人に差があったり、二つとも得られる情報というのは違ってくるため、念のため併用する事をお勧めします。 併用して複数の選択肢から検討する事で、偏りもなくなりますし、より良い条件があったのに別の求人で決めてしまったという事も防ぐ事ができます。

最近は転職も一般的なものになってきており、看護師の方でも転職経験のある方は多いです。 専門性の高さもありますし、家庭や育児との両立が理由で退職してしまう方もいるため、看護師業界は常に人手不足に悩まされているという状況です。

職場によっては多少の条件を飲んでもぜひ来てほしいという所も多いです。 そのため、交渉次第で高待遇で迎え入れられる可能性も高くなります。 最近はこういった転職の環境も整ってきて、スムーズに仕事探しができるようになっていてとても便利です。 まずは各サービスに登録をしてみて、転職活動をスタートしてみる事をお勧めします。