看護師とはどんな職業?

看護師は患者さんをサポートする職業

看護師とはどんな職業?

看護師とは、医師の指示を受けながら患者さんのサポートを行う仕事です。 患者さんの中には入院している方もいますが、そういった方が過ごしやすいように様々な環境を整えたり、リハビリなどの手助けを行います。

近年はチーム医療というものがメインになっており、看護師も医療チームの一員として非常に重要な役割を持つようになりました。 そのためには専門的な技術だけでなく、幅広い知識も必要となるため、学ばなければならないことはたくさんあります。

しかし、その分やりがいもある仕事だといえるでしょう。 看護師になるためにはどうすれば良いのかというと、これは厚生労働大臣の免許を取得しなければなりません。

資格の必要性は保健師助産師看護師法というものによって定められており、資格を取得するためには高校の看護科や看護学校に通い、しっかりと専門的な知識を得なければならないのです。

定められた年数学校で勉強し、卒業した上で国家試験に挑み、合格すれば看護師免許を取得することができます。

看護師の他にも准看護師という職業があるのですが、こちらは厚生労働大臣の免許ではなく、都道府県での試験に合格して免許を交付される形となるので、この違いについてもチェックしておきましょう。

正看護師は准看護師の上位資格にあたるため、現在准看護師として働いている方も将来的には看護師資格を取得することを目指していけると良いですね。

看護師であれば准看護師に指示を出すこともできます。

このほかにも認定看護師というものがあるのですが、こちらは看護師のさらに上位資格だといえるでしょう。 看護師としての基本的な知識だけでなく、特定の看護分野において非常に専門的な知識を持っていることが証明される資格です。

専門看護師という資格もあり、こちらもある特定の専門看護分野において専門的な知識を持っていることが認められる資格となっています。

まずは看護師として働きながら専門看護師や認定看護師といった上位資格を目指していきたいですね。