看護師の待遇と勤務形態

看護師の待遇と勤務形態はどうなってるの?

看護師の待遇と勤務形態

実際に看護師として働き始めた場合、待遇や勤務形態はどのようになっているのでしょうか。 看護師というとなかなか不規則な勤務形態だと思っている方も多いはずです。

これは職場によっても異なるのですが、確かに看護師の勤務形態は過酷になりがちです。

最初に収入についてご紹介しておきましょう。 看護師の初任給をチェックしてみると、一般事務のOLの方に比べると高めになっています。

具体的な金額についてですが、こちらは3年課程新卒者の看護師の場合、初任給は大体税込み25万円以上となっているようです。 初任給以外の給与についてですが、こちらは平均給与が33万7千円とされています。

看護師長になることができれば平均給与は42万円になり、総看護師長になれた場合には平均50万円の給与という形になるため、役職に就くことができればかなりの高収入が期待できますね。

この金額は、一般的な事務ではなかなか上回ることができないのではないでしょうか。

しかし、仕事内容が楽で気軽に稼げる仕事というわけではありません。 看護師といえば患者さんの健康と深く関わる仕事をしているため、責任も重大です。

給料は確かに高いものの、仕事内容を感じると妥当だと感じていたり、業務内容に見合った給与がもらえていないと感じている方は多いようです。

続いて看護師の手当についてですが、入院設備のある病院で働く場合には夜勤があるため、夜勤手当が着きます。 いくらの手当が用意されているかというのは病院によって違うので、よく確認した上で考えたいですね。

気になる勤務体系についてですが、病院で働く場合には主に三交代制と二交代制のいずれかという形になるでしょう。

二交代制といえば日勤と夜勤の二つの働き方となっているためわかりやすいのですが、三交代制の病院の場合は一般的に8時から17時までの日勤、17時~深夜1時までの準夜勤、深夜1時から朝9時までの深夜勤という三つにわかれます。

夜勤を担当することになると激務にもなるため、自分にとって続けやすい職場を探しましょう。